まずは査定に

未分類

レトロゲームの価値は、年々高まってきています。さまざまなテレビ番組が影響している部分もありますが、なによりもそれだけ優れた内容を持っているというところもあるでしょう。グラフィックというところでは、容量の問題からも現在のほうがはるかに優れたものがあります。しかし、内容に関して言えば、レトロゲームの時代も趣向を凝らしており、現代でも十分に通じるといえるでしょう。逆に容量が小さいからこそ、さまざまな工夫がなされていました。それが面白みにもなっており、優れたかたちを作り出していたのですから、レトロゲームの人気が高まるのも当然といっていいでしょう。

査定コレクターのように集める人がいるというだけではなく、その価値を再認識してきているのも大きなところです。すでに生産されていないというところで、希少性の高さがあげられます。これから何かのきっかけで人気が出ても、数は限定されて減る一方の状況を考えれば、大きな価値も生まれてくるでしょう。眠っているものがあれば、査定にかけてみるだけでも価値が上がってくる条件がそろっています。3DOのゲームも本体がなくなればできなくなってしまうでしょう。眠っている状況であれば、価値の確認だけでもしてみるといいでしょう。その結果に納得できれば、売却するという選択も生まれるからです。

3DOの歴史

未分類

3DOは日本ではそこまでの知名度にはなりませんでしたが、北米をはじめ海外では非常に有名な家庭用ゲーム機になりました。32bitマルチメディア端末の統一規格として発表され人気を博しましたが、日本のゲーム機が北米で販売されると、どんどんと悪化してしまった歴史を持っています。日本でも3DO REALとして発売されていましたが、価格的に高額だったことが問題点だったといっていいでしょう。ですが、ゲーム機としての性能は高く、高価な家電といったレベルにもなっていました。

レトロゲームレトロゲームとしてみた時には、大手メーカーの支持も受けていたのが特徴でしょう。海外のゲームもたくさん存在していました。ところが、当時はこうした洋ゲーと呼ばれるものは毛嫌いされる傾向が強く、あまり受け入れられなかったのです。現在の状況を考えれば、非常によくできたものがたくさんあります。ただ、悲しいことながら、阪神淡路大震災が重なったことで、多くのメーカーが開発を凍結してしまったことは、デメリットになりました。だからこそ、隠れた名作がいくつも存在し、価値の高いものも多数あります。こうした3DOの歴史が、眠っているゲームがあれば買取りに出すべき理由といってもいいでしょう。

古いゲームは、なにもつまらないわけではありません。逆に今やってみると、非常に面白いゲームもあるでしょう。感じ方は人それぞれではあるものの、それだけの価値があるということになってくるでしょう。家の中に古いゲームがあるのであれば、もしかしたらお宝になる可能性が出てきます。特に3DOなら、買取りに出してみると、その価値は驚くものになるかもしれません。

ゲーム中古のゲーム市場は非常に大きなもので、びっくりされる方もいるでしょう。最新のゲームをできるだけ安く買いたいから中古のものを探すというだけではないからです。古い懐かしいゲームを探すというところでも、中古の市場は大切なものになってきました。レトロゲームとも呼ばれるようになりましたが、現在は生産されていないため、市場に残された数は限られています。3DOでもそうですが、本体も生産されていないことを考えると、その希少性も見えてくるようになるでしょう。

買取りも非常に盛んにおこなわれており、多くのところを見つけられるようになりました。ゲームによっては、現行機種の新品の価格とそん色ない相場で取り引きされるようなこともあるのですから、検討してみるべき方法でしょう。特に3DO本体がもうないといったときには、眠っているだけではかなりもったいないことにもなってしまいます。現在は空前のレトロゲームブームとも言われているのですから、参考にしながら検討してみてはどうでしょうか。